>  > 業種によって待遇の違いは出る

業種によって待遇の違いは出る

重労働なお仕事って、ある程度給料が良いじゃないですか。それには理由があって、重労働って名前の如しで、重い負担のかかる仕事なんです。この「重い」という言葉には色んな意味が含まれていて、責任の事でもあるし単に肉体労働が激しい意味も孕んでいるわけです。当然、重労働と聞くと皆は働きたくないと思いますし、いくら若くても疲労感を強く感じてしまう仕事に他なりません。当然、長期勤務すると身体が故障するリスクも少なからずありますし、ご年配な方にはまず働けない職場になります。これらを考えるとなかなか簡単には選びにくい仕事なんです。ですが、重労働と呼ばれる職業は常に人材不足に喘いでおり、人材を補充する、求人応募してくれる為には給与を上げたり、待遇を良くしない限り働き手からの応募なんてないのです。ですから給料は高く設定せざるをえないのです。しかし、重労働と呼ばれるものの多くは肉体を使う労働が多くデスクワークのような屋内で椅子に座っているようなものではないのです。中にはそういった職種もあるかもしれませんが、その多くは肉体労働です。話がだいぶ変わってしまいますが、風俗業界も重労働と呼ばれる職種になります。重労働と聞くと多くの方がイメージするのは大工や土方で働く建設・建築関係の方々だと思いますが、風俗業界も当てはまるのです。一般的に風俗で働く女性は「楽して稼いでいる」と思われがちですが、実はそんな事ないんです。よく考えてみ下さい。名前も知らない、会ったことのない、どんな男性か知らない中で性的なサービスをしなければいけないんですよ。女の子から拒否する事もお店のシステムや待遇面で事前にお断りができますが、それは2回目以降の話で新規のお客さんの場合では断ることも出来ないのです。一度身体を交わらせてどんなお客なのか判断した上で次回もOKなのかNGなのか判断出来るので初回はどうしようもないのです。自分の好きなタイプの男性が相手であれば風俗の仕事も楽しく出来るかと思いますが、タイプとは間逆な男性の場合は苦痛でしかありません。また風俗を居利用するお客の半数以上はそういった世の女性の恋愛対象から外れてしまった男性が多いのです。これを考えてもまだ「楽な仕事」と思えますか?風俗店が出す求人情報を観て頂ければわかりますが、給与と待遇が非常に良いんです。これは求人応募してくれる女性には給与や待遇で仕事の重さを伝えている訳なんです。風俗の求人情報を観て「良いな」「待遇が良いな」と思う方は大勢いますが、もっと深読みをして下さい。この魅力的な風俗求人情報の裏には過酷な労働が待っているのです。求人情報はしっかりと観て読んで、風俗業界で働く覚悟が出来ているのであれば求人応募に踏み切ったら良いと思います。

[ 2017-11-03 ]

カテゴリ: 待遇の違い