>  > 求人情報で真偽を確かめるのは

求人情報で真偽を確かめるのは

何となく求人情報を見てて「あ、ここ条件がいいな」や「ここは休日がこんなにもあるか」等の希望している条件や待遇だけを見て応募してしまう方が結構いらっしゃるかと思います。これに関しては一般企業もアダルト企業等の風俗店の求人情報も同じことが言えるのではないでしょうか。「働く」という点に関して共通しているのは、勤務先、勤務形態、休暇日数、給与、福利厚生でこれはどの企業でも提示している項目です。一般企業と風俗等のアダルト企業で何が違うかというと性的なサービスを提供しているか、していないかの違いにほかなりません。募集要項等で仕事内容は変わるものの募集条件等の項目は何も変わらないのです。さて、一般企業にも風俗等のアダルト企業でも求人情報を改竄とまではいきませんが実際に働いてみて求人情報に書かれていることと現実にギャップを感じる時があります。これはどの企業にも少なからずギャップを感じてしまいますが、ギャップがあまりにも大きければ不満になり求人情報は偽の情報だと感じてしまいます。実際に求人情報と働いてみてからでギャップを大きく感じる方が多く、求人情報は100%正しいという見方ではなく、建前上こう書いてある、という認識のほうが正しいのです。変な話ですが、求人情報をあまりにも正確に書いてしまうとその会社のボロが出ます。求人情報においては企業側からしたら知らなくても良いことと知ってもらわなくてはいけない事があり、悪い部分は出来るだけ表に出さないようにしています。これは風俗関係の求人情報も同じであまりにもはっきり書きすぎると、そのお店では働きたくないなと思われてしまい、働いてもらう機会がぐっと減ります。ですので、今現在の風俗求人広告サイトを見てみると良いことしか書いていません。ここでの良いことは給与がどれだけ高いか、ということになりますが風俗店が掲載する求人情報はどれだけ働く女の子に給与を渡せるかが肝になります。風俗関係の求人情報では寧ろ、働き先を探している女の子はそこしか見ていません。もちろん、デリヘルなのかピンサロなのか、ソープなのか業種と勤務地は先に絞って検索をしてるかと思いますが、結局のところ給与の高いお店でしか働く理由はないのです。それもそのはずです。風俗関係のお仕事は自分の身体が商品になりますので、そんな安い給料な風俗店なんて誰も働こうとは思いません。自分の価値はこれくらいしかないと決めつけているようで、自分を蔑んだ気持ちになります。せめて給与の高い風俗店であれば自分の価値もまぁまぁかな、と思えますので気持ち的にも幾分納得ができる部分があるのではないでしょうか。

[ 2017-10-04 ]

カテゴリ: 求人情報の見分け方