>  > 風俗店の求人情報で特出している項目を探そう

風俗店の求人情報で特出している項目を探そう

求人情報は一般企業もアダルト企業も書いている内容はほぼ一緒で、根本は働き手を募集していますので給与や勤務先、勤務時間や雇用形態など同じ内容が載っています。違いがあるのは一般企業のような事務仕事なのか、飲食店の接客業なのか営業マンなのかということと、アダルト関連であれば風俗店の運営なのか、キャストとしての募集なのか、アダルトビデオの出演なのか様々です。ですので業態や業種によって住み分けが違ってくるので自分が目的としている求人は何なのか見極めてから求人情報を見ていきます。さてここでは風俗店の求人情報に関して書いていこうと思いますが、風俗店の求人情報は何処のお店も同じような事が書いてあり、どこのお店も同じ待遇をしていると感じてしまいます。最近ではその中でも差異を出すためなのか、「入店祝い金」や「日額保証金」等の確実にお金を稼げるというのがコンセプトのキャンペーンまで出てきました。正直この一見おいしそうな待遇ですが、この話に乗っかる前に少し考えてみてください。入店祝い金は相場で約10,000円前後出すお店がほとんどで、このお金は単純に考えて入店するだけで「貰えるお金」という認識になってしまいます。また日額保証金も稼ぎが最低額に達しない場合でも最低○万円は保証しますよ、というものですがこんなに人件費を捻出してお店は運営できるのでしょうか。現代では風俗店の運営は厳しくなっていると言われている中でそこまでお金を自由に使えるお店はほんの一握りだけではないでしょうか。ではそのお金は何処からでてくるのか。これにはお店によって堂捻出しているのか違いが出てきますが、一つだけ言えることはこの待遇は無いと考えていてまず間違いない、ということです。先述したようにこんなに良い待遇をしているのに人が集まらないのか気になりますよね?そもそも風俗店ですので応募してくる女性の数は一般企業に比べて雲泥の差があります。そんな中では風俗店にとって女の子はなんとかして物にしたいと考えます。そうなると、先述したように待遇を良くしたり働き手に旨味を感じられるものを用意しなければいけません。上手く回っていない、売上がそこまで高くない店舗も周りのお店がそういった動きをしてしまうと差が開いてしまうので、待遇を用意出来なくてもそういった待遇を用意せざるを得なくなり、嘘の待遇を掲載していかなくてはいけなくなってしまいます。そんな嘘情報を見抜けずに応募して採用されてしまった女の子は当然待遇は受けられません。そうなるとどうなるでしょう。当然トラブルが発生しますよね。最近の風俗求人の採用情報は嘘が蔓延していると聞きますので、迂闊に応募してしまうのは失敗の元かもしれません。よく考えて風俗求人情報を確認して応募をしましょう。

[ 2017-10-03 ]

カテゴリ: 求人情報の見分け方