>  > 風俗の求人のあれこれ

風俗の求人のあれこれ

風俗店で最も重要なものと言えば、売上も然ることながら商品となる女の子の在籍数もかなり重要といえます。商品がないお店はまず売上を生み出す術がないので、風俗店は女の子がいなければ何もできない状態になります。しかしながら、風俗店に務めたいと思う女性は一般企業で働きたいと思っている女性よりも遥かに少なく、風俗で働きたいと考えている女性は全体の1割にも満たないのではないでしょうか。そもそも働きたいと思っている女性のパイが根本的に少なく、求人情報サイトを活用して集客してもなかなか集まりにくいのが現状です。現代社会ではまだまだ不景気と言われている世の中ですので、お金に困っている方は多いかと思います。ですが、風俗店に対する考え、固定概念が非常に悪い印象ですので働きたいと思っていても躊躇してしまう女の子も多いのではないでしょうか。風俗店がどうしてここまで印象がよくないかというと、サービス内容が挙げられます。見ず知らずの男性に身体を売ることになるので貞操観念から見ても悪い印象は拭えません。その為、多くの風俗店では顔を隠して写真撮影している画像が多く、知り合いや親戚、友人に自分が風俗店で働いている事がバレないように働いている方が半数以上いるのです。そこまでして風俗店で働かなくてはいけない理由は経済状況が主でしょう。個人個人で働く理由は異なるかと思いますが、各々がお金を必要としている事は間違いなく、風俗店から得られる高額な給与に頼らざるをえない状況なのかもしれません。確かに一般企業の給与や休暇日数を加味すると少ない勤務数で週5日間でフルタイム働いているよりも何倍もの給与を得られるので風俗店は非常に魅力があります。しかし、よく考えるとその高い給与を貰う代償として大きなリスクがつきまとってくるのです。先述したように「身バレの危険」や風俗店ですので好きでもない人にイチャイチャしなくてはいけないのでお客はその行為に勘違いをして自分の女性と思い込んでストーカーになってしまう可能性も孕んでいます。これはかなり大きなリスクで、その他にも性感染症のリスクもあり、普通に働ける状況ではないです。それらのリスクが影響して風俗店の求人情報を見たとしても求人応募まで踏み切ることができずにいる方が多いのです。変な話ですが、私個人的には風俗店の求人情報を見ても何も旨味がないなと感じてしまうのです。風俗店で働く際のリスクを考えると何もこんなに大きなリスクを冒してまでも働く意味が無いと思うからです。だったら、まっとうに働いて少ない給与かもしれませんがコツコツと働いていたほうが幸せになれるのではないかと思うのです。風俗の求人情報の給与に目がくらんでしまうのはわかりますが、今一度よく考える必要はあるのかなと思います。

[ 2017-09-15 ]

カテゴリ: 風俗求人について