>  > 風俗の求人は時期を見計らって

風俗の求人は時期を見計らって

求人と聞けばあるシーズンを思い浮かべると思います。それは春ですよね。または上半期が終了を迎える9月頭等、職業柄によってこの上半期と下半期の時期は若干差異はあるものの、大体は似たような時期になります。日本人に限定されるかは定かではありませんが、区切りの良いところで転職や就職をする方が多く、企業もそれに合わせて求人情報サイトを展開していきます。特に求人サイトが活発になるのはやはり、1月から3月にかけてが一番忙しい時期なのではないでしょうか。新卒採用の場合はもっと前から求人サイトへ情報を展開しておりますが、一般向けの求人サイトは主に3月や4月がピークを迎えるのではないでしょうか。こは一般企業に関して言えることですが、風俗業界ではどうでしょうか。実は風俗業界でも同じ動きをしている傾向にあるのです。ケースとしては一般企業に務めていた方は風俗業界に転職する方も少なくなく、上半期と下半期等の節目で退職して風俗業界に転職するのです。風俗店もその傾向を把握しているお店が多く、春先や夏終わりの時期に風俗求人サイトへ情報を展開している風俗店が多いようです。風俗店へ転職する理由としては多くは給与の差が原因なのではないいでしょうか。風俗のお仕事は給与が段違いで高く、真面目に週5日間の勤務で貰える額と週3日間程で稼げる額が同じなのです。そう考えると2日間も自分の時間があって同じ給与ならば当然、風俗業界を選んでしまいます。しかし、風俗店は給与が高いだけあって労働環境や労働に掛かる負担が大きいことが伺えます。風俗は身体が資本、商品なので常に肉体労働を強いられます。業界の中では究極の肉体労働とまで言われているのでその過酷さがわかります。その分、短時間で高額な給与を得られるので割に合っていると考えられますが、一般企業で働くのと風俗業界で働くのでは大きく違います。一般企業で働いた場合は長中期的に見て安定していて、少ないかもしれませんが確実に給与は与えられます。しかし、風俗店は短期集中型と言いますか限られた時間の中で働ける特殊な職業で長中期的に考えて働ける職種ではございません。また、風俗で高額な給与で働ける限界は20代までと言われています。それ以降も働きたいと考えている方は給与が下がってもいいのであれば働き続けられますが、20代の頃と比べると一目瞭然です。風俗の求人サイトで見比べてみると現実どうなのか、よくわかります。

[ 2017-09-28 ]

カテゴリ: 風俗求人のポイント