>  > 風俗店の求人情報は仕事内容なだけに見せすぎても働く意欲が無くなる

風俗店の求人情報は仕事内容なだけに見せすぎても働く意欲が無くなる

一般企業でもアダルト企業でも同じことですが、求人情報を展開する際に「職種」「勤務先」「勤務形態」「給与」「休暇日数」などを記載し、その条件に見合った、または理想と考える方がその求人情報を見て応募をします。特に先述した項目の中で見る優先順位を付けるとしたら恐らく、1番「勤務先」2番「勤務形態」3番「給与」4番「休暇日数」5番「職種」ではないでしょうか。そもそもホームページ等で検索した際に〇〇エリア版のように、金地を絞って検索しているので優先度と言う程でもないかもしれませんが、多くの人は勤務形態と給与をメインで見ているのではないでしょうか。給与は大事ですよね。働いた対価がどれだけ貰えるのか気になりますし、この部分が一番働く上でのモチベーションになりますので優先度が低いなんて事はまず有りえません。あとは勤務形態ですがこれは一般企業の求人情報を見ているかただけではないでしょうか。勤務形態を良く見る対象となるのは男性がメインで女性に関しては男性ほど多くはないように思えます。では風俗店の求人情報ではどうでしょうか。恐らく優先度は1番に給与が来るかと思います。勤務先は先述で述べたように○○エリア版というホームページを恐らく見る、又は絞り込むはずですので今回はその項目は除外するとしたら間違いなく給与かと思われます。風俗の求人に関しては一般的な企業の求人情報と比較すると風俗店の求人情報は中長期的な雇用は度外視しており、単発でも短期でもいいので求人を募集している傾向があります。そもそも風俗店はシフト自由制度を設けているお店が一般的で働きたい時に働くシステムですので「中長期」等の雇用に関する縛りもないので、とにかく働く意志はある女の子をメインで募集している事が多いのです。当然、風俗店もコンスタントに出勤してくれる女の子を抱えたいと思ってはいますが、風俗店ですのでそうも行かないのが現状です。風俗の求人広告で1日¥○0000円以上稼げます!等の売り文句で求人情報を掲載していますが、多くの女の子がその時だけお金がほしいと思っている方が大多数ですので1回出勤したらそれっきりって子も多いので風俗の求人は非常に難しいのです。ですので、風俗店が毎回出す求人情報では「目標を達成するためにお金を貯める」等の綺麗事が書かれていますが、要するにお金が貯まるまでの間は風俗店でがんばってくださいね、ということで中期的に働いてほしいという風俗店側の思惑が込められているのです。

[ 2017-09-27 ]

カテゴリ: 風俗求人について