>  > 風俗の求人募集はシーズンを逃すこと無く掲載する事

風俗の求人募集はシーズンを逃すこと無く掲載する事

風俗に限らず言えることなのですが、すべての企業でシーズン毎に求人募集に力を入れる傾向があります。その中で最も求人募集が盛んなシーズンは年始から春先の3月や4月頃ではないでしょうか。3月は年度末ということもあり、新卒や転職者が動き出す時期でもあります。ですのでこのシーズンに関しては非常に求人募集が活発になり、どの企業も求人広告媒体サイトへの掲載に余念がありません。風俗店も同様ではありますが、少し違った部分もあります。風俗というお仕事ははっきり言って何十年も働くような職種ではありません。働けて20代から50代前半までで一貫して風俗店で働ける女性はこの世の中で探してみてもまず居ないでしょう。長くて10年程度で、それでもかなり長いこと働いたという印象です。風俗店に勤務する女の子の多くは短期集中でまとまったお金が欲しくて風俗店に求人応募するのが主で、ずっと働きたいから求人応募したなんて女の子はそうそういません。短ければ数回入店して終わり、なんて子もざらで数ヶ月勤務してくれる女の子は重宝されるほどです。しかし、風俗店で勤務してしまうと不安視されるのが金銭感覚の狂いです。毎週5日間働いてを各週で繰り返して得る給料と、月に数回入店して大金を獲得できてしまう風俗店ではギャップの差が大きく働く気力が削がれます。そういった部分をしっかり認識できている女の子であれば切り替えも早く、目標金額に到達したらすぐに風俗業界から脚を洗う事もできますが、なあなあに働いている目標のない女の子の場合ですとなかなか抜けられません。風俗求人サイトで新しいお店を見つけては数回の入店で辞めてしまって、また新たに風俗求人サイトで新しいお店を探すというスパイラルに陥る方が多いかと思います。風俗求人サイトを見てみるとどのお店も給与が高く、私は男ですがこんなに簡単に大金を稼げるのであれば数カ月は我慢して働いて大金を得たいと思ってしまいます。しかし、その気持が落とし穴で一度風俗業界に脚を踏み入れてしうとなかなか抜け出せないというのが通説で実際にそうなっている女の子も見受けられます。風俗の求人サイトは現在では検索すれば山ほど出てきます。それ程多い情報量の中から自分が本当に働きたいと思える店舗は果たして見つかるのかは疑問ですが、全ての風俗店の求人情報を鵜呑みにするのは大変危険です。

[ 2017-09-21 ]

カテゴリ: 風俗求人のポイント