>  > 風俗の求人に関して

風俗の求人に関して

風俗店は公に広告を掲載できないのでインターネットを介して、ウェブ上に求人広告を掲載する以外は成人雑誌に掲載する以外方法がないのです。結果市場は集中してしまい、熾烈な競争が生まれてしまい市場を独占してしまう風俗店や求人広告媒体サイトができてしまい、偏った力関係が生まれてしまっています。ネット上なので掲載順位というものがあり、その点では仕方がないことかと思いますが、情報が埋もれてしまう事が多々あるのでなかなか上質な情報や本当に知りたい情報がなかなか見つからない、見つかりにくい状況があります。風俗の求人に関しては色々と問題があり、実際に風俗店で働いた女の子が不満や被害に遭う等トラブルが絶えません。そういった事がなくならない現在ですので全ての情報が疑心暗鬼になってしまっており、実際に働くまでその真意を確かめる手段はないのです。そういった事から風俗の求人サイトで興味のある求人情報を見つけたとしてもなかなか一歩が踏み出せず、億劫にしているのは事実で、風俗店というクリーンな印象が無い業種は余計にその疑心暗鬼の滑車を掛ける要因になっていることでしょう。風俗の求人情報でよくあるのは風俗店特有の高待遇です。入店するだけで支給される「入店祝い金」、その日の売上が芳しくなくてもに日給を保証してくれる「日給保証」この2つの待遇は必ずと言っていい程掲載されています。しかし、この掲載を巡ってトラブルが相次ぎ信用性は大きく低下しています。単純に掲載されている情報をみると恐らくすべての人が「なんて良い待遇なんだ」「楽して稼げるなんて素敵」と思うことでしょうが、この待遇には必ず条件が付きますし、最悪の場合はこの待遇は餌でそもそも待遇なんてものは無いという悪質なお店もあるくらいなので注意が必要です。しかも、この条件というのが結構厳しいんです。出勤日数や出勤時間、ノルマ等がありそれらをある一定期間にクリアしなければ得られないという過酷なルールで大概は達成できない設定にされています。ですのでお店の言い分としては「待遇は用意しているけど、条件を満たさなかったからダメ」という恰もお店側は悪くないという振る舞いをするのです。確かにそうかもしれませんが、ここでお店側も開示してほしいのが待遇に対する条件です。多くの風俗店の求人情報にはこの条件は載っていません。条件を開示してしまうと読まれてしまい、風俗店経験者の方であればその条件がどれだけ過酷か悟られてしまって求人の応募はしてこないからです。条件を隠して掲載する理由はそこにあります。風俗の求人情報に求められるのは明確さなのではないでしょうか。

[ 2017-09-13 ]

カテゴリ: 風俗求人について